最新の活動案内 « IQAI|NPO法人 国際品質保証協会

IQAI International QA Institute - Official Website - 特定非営利活動(NPO)法人「国際品質保証協会」-伝統と実績を誇る日本最初のQAプロ集団!-

最新の活動案内

近刊書

当会より発行された近刊書のご案内

● ISO: 2015 「登録価値」を落としたISOでどうやって「市場価値」を保つのか?(電子版)

-2017年6月刊 【→ISO2015_IQAI著書の表紙】【→ISO2015_IQAI著書の目次

2017年6月、ISO:2015版の品質および環境のマネジメントシステムの解説書が当会より発行されました。ISOのマネジメント規格では、品質と環境は特に世界に広く利用されている規格ですが、過去10年にわたって、世界の先進諸国の中でわが国だけが急激な下降傾向を示しており、2015年9月にこの二つの規格が同時発行されたのを機に、その傾向に拍車がかかり、人気度の凋落ぶりはさらに進行しているのが現状です。なぜでしょうか?

他の先進諸国でも規格自体は同じはずですし、なぜ日本だけがこれらの規格の運用に問題を感じることになったのでしょうか? 規格の利用価値は、ほぼ運用する側の組織の経営陣その他関係者の手で決まるものですから、日本だけに生まれる”阻害要因”が必ずあるのです。それを阻止するためには、組織の関係者以外から運用組織に持ち込まれるのであろう”阻害要因”を排除することが不可欠となります。しかし、いったいそれはどこにあるのでしょうか? まずミスリードされることのないよう適用規格の趣旨を正しく理解することにつきるでしょう。

組織における旧版規格から新規格への移行は、2018年9月までに終えることが必須となっております。そのような移行対応を含み、本書は、ISO 9001/14001:2015への適合を証明する必要がある組織に向け、新規格の正しい理解のために必要不可欠な情報が満載されております。現在、必要とされている組織の管理実務を担う方々には、ぜひとも、お手に取っていただきたく当会がお勧めしたい内容になっております。

お問合せ・配信元:事務局 weldome@iqai.org
購読をご希望の方は、事務局 welcome@iqai.org に直接お訊ねください。


● 遺稿集 三浦昭夫の『教養講座』(発売元:アマゾン)(電子版もあり)

-2015年4月刊  【→遺稿集 三浦昭夫の『教養講座』の表紙】【→遺稿集 三浦昭夫の『教養講座』の目次

2008年から2014年まで、毎月、会員向けに配信されていた当会創設者の故 三浦昭夫氏による『教養講座』と題したマネジメント全般に関する1000頁にも上る通信講座を会員有志の手により約300頁程度に編集されたものです。

この成果物は、その原題の通り、三浦昭夫氏の『教養講座』として、氏の没後半年足らずの2015年4月29日に世に公開されました。本書は、氏の経営者としての実体験を通して、また、長年の品質保証・監査の世界一級のプロとしてのマネジメント経験を通して習得された独自の品質理論やマネジメントの真髄を如何なく教示してくれる内容が満載されており、組織の管理職の方々には絶対にお勧めの書です。発刊以来、大変な好評を博しています。

販売元;アマゾン
電子版の購読をご希望の方は、事務局 welcome@iqai.org にお訊ねください。


-その他の書籍

ここでご案内します近刊書以外については、当会推薦のASQ図書は【→IQAI推薦のASQ図書】に、また、その他の当会発行の図書・雑誌類は【→会員の書作・出版物の紹介】にご紹介しております。


アーカイブ

内部の会員間活動として、時勢のテーマ・関心事を取り上げ、趣向を変えながら実施した過去の「会員間討議」のアーカイブです。

  • 2012年1-2月  あなたが日本人のDNAを感じるのはどんなときか?(PDF:256 KB)
  • 2011年11-12月  品質管理の考え方を日常生活にどう生かしているか?(PDF:173 KB)
  • 2011年10月  組織における効果的なコミュニケーションについて(PDF:163 KB)
  • 2011年9月  携帯電話がコミュニケーションに与えた影響について(PDF:176 KB)
  • 2011年8月  震災後の節電の効用はいかがなものか?(PDF:240 KB)
  • 2011年6月  震災後、自分の中で価値観が大きく変わったものは何か?(PDF:186 KB)
  • 2011年5月  ISO審査業界における企業の経営者・管理責任者・審査員の”三すくみ”状態を解消するにはどうすべきか?(PDF:200 KB)

  - この活動は、現在、休眠中です。-

以下の会員間討議は、品質保証・品質管理・マネジメントに関連するQ&Aです。

  • 2011年1月  魅力的品質と当たり前品質(PDF:285 KB)
  • 2010年12月  ISO改訂対応の各種文書の見直し(PDF:215 KB)
  • 2010年11月  インフラストラクチャーの保全管理(PDF:257 KB)
  • 2010年10月  「不具合品の管理」の対象は?(PDF:224 KB)
  • 2010年9月  顧客満足度の指標について(PDF:258 KB)
  • 2010年8月  国際規格のマネジメントシステムにおける Innovation はどう捉えるべきか?(PDF:140 KB)
  • 2010年7月  是正指摘の監査員側の対応はどうあるべきか?(PDF:132 KB)
  • 2010年6月  「付加価値監査」とは何か(PDF:256 KB)

会員活動

会員活動の成果に基づく対外活動

2017年から当会研究会の東京分科会で実施してきました研究活動の成果を踏まえて、2018年度から、旧年度の企画に加えて、次のような対外活動を企画しております。

- 食品安全対策セミナー (2018-2020年度)
- ISOよろず相談会 (2017-2018年度)
- ISO規格2015年対応のセミナー (2016-2018年度)

「食品安全対策セミナー」は我が国の法改正に伴う組織内の対策について、2018年発行予定のHACCPを組み込んだISO22000 の内容と組み合せて解説する食品業界向けのセミナーです。

「よろず相談会」は、ISO 9001/14001:2015、及び、ISO規格の改訂に伴って改訂された他の規格(ISO13485:2016その他)に関連して、組織内での活動はどのように展開すべきか、内部文書の改訂はどうすべきか、規格の解釈に不安はないか、その他、組織内の推進者が抱いておられる様々な疑問にお応えする企画です。

「ISO規格2015年対応のセミナー」は、ISOの改訂規格のISO9001:2015/14001:2015、並びに、それらに関連しているISO31000:2009を主な柱とした解説セミナーです。内容は規格の解説にとどまらず、実際の組織内の展開事例をご紹介しながら、リスクの抽出とモニタリングについて具体的に解説して行くのが特徴となっています。

2018年度に開講される「食品安全対策セミナー」の詳細は、6月ごろに公開されます。「よろず相談会」と「ISO規格2015年対応セミナー」に関するあらましの予定は添付をご覧ください。【→2017_ISO2015よろず相談会

当会の創設者である三浦昭夫氏の「教養講座」の編集と出版

2008年以来、毎月、会員向けに配信されていました当会創設者の三浦昭夫氏による『教養講座』と題したマネジメント全般に関する1000頁にも上る通信講座を約300頁程度に編集するために、単年度の活動として特別チームを編成し、同年度末に作業が完了しました。

この成果物は、遺稿集-三浦昭夫の『教養講座』として、2015年4月29日に世に公開されました。本は、氏の経営者としての実体験を通して、また、長年の品質保証・監査の世界一級のプロとしてのマネジメント経験を通して習得された独自の品質理論や真髄を如何なく教示してくれる内容が満載されており、組織の管理職の方々には絶対にお勧めの書です。発刊以来、アマゾンで販売しており、大変な好評を博しています。(お問い合わせいただければ、当会からでもお求めいただけます。)

- 遺稿集-三浦昭夫の『教養講座』 (IQAI 特別研究チーム)

化学物質規制法に対する管理システム規格の開発

2012年度より、下記のプロジェクトがスタートしました。

- ISO-RoHSプロジェクト(東京分科会)

このプロジェクトは、NPO 法人 国際品質保証協会(IQAI)と、一般社団法人 東京環境経営研究所様(TKK)との協同での推進でスタートしたものです。プロジェクトの第一段階の目的は、欧州RoHSを初め、中国その他世界の主要各国における化学物質規制法に対応した製品含有化学物質管理システムを構築するためのマネジメントシステム規格の草案を策定することにありました。

RoHS規制対応においては、各国の法規制に違いがあり、川中の中小企業にとっては、国内の川下企業に対して共通の欧中規制対応の包括的なマネジメントシステムが望まれることから、当プロジェクトの成果物は、その目的に沿うよう海外法規制情報に精通したTKKが企画し、長年ISO9001他の国際的な管理規格に携わっているIQAIがその企画に賛同して執筆したものです。

成果物は、ISO 9001「品質マネジメントシステム―要求事項」とJIS Z 7201「製品含有化学物質管理―原則及び指針」をベースとし、EUの整合規格EN50581「有害物質の使用制限に関する電気・電子製品の評価のための技術文書」の要求にも合致したマネジメントシステムとして当会でとりまとめたものです。

二法人の連携により企画・執筆に至った社会的な意義を実現するために、成果物は日本のデファクトスタンダードになることを念願して、ここに一般公開されました。

[→ISO-RoHS規制対応の手引き(仮称)]
[→ISO-RoHS規制対応の手引き-付属書A]
[→ISO-RoHS規制対応の手引き-付属書B]

[→製品含有化学物質管理の手引き2013.5.25]
[→製品含有化学物質管理の手引き2013.11.23]

2013年度からは、RoHS関連の要求事項は、EN50581だけでなく他のENやIECの要求事項・ガイドなども取り込み、EU RoHSの要求事項の引用欄も設けて、利用者の方々の利便性が向上したものに改訂し、この開発規格を使用して毎年、企業内専門家に向けたRoHS規制対応のセミナーを開催しております。また、2015年以降はベース規格であるISO9001の2015年版を反映した最新版に刷新して実施しています。

以来、年次ベースで実施してきましたこのセミナーは、セミナー出席者の方々の組織でご利用いただいております。2018年度のセミナーの予定は「講習会」のページでご確認ください。

QA・経営管理に関する専門的な分科会活動

各都市で実施されている専門的な分科会活動は、以下のようなテーマです。2017年4月から成果物は一般公開されています。

–  新規格ISO 9001/14001: 2015及びISO 31000: 2009の解説データのまとめ(東京分科会)

–  新規格ISO 9001/14001: 2015及びISO改訂に伴う規格対応の各セクターの事例研究(博多分科会)

–  2013年に完了した 「200年企業―老舗の企業に学ぶ」のアウトプットのISO:2015への展開(大阪分科会)

研究会の参加メンバーは5~10人で分科会で異なります、各分科会の例会は、1-2ヶ月に一度の頻度で開催されています。これらの活動に関心をお寄せいただける方は、ぜひご入会を検討ください。

入会の手続きは、「入会案内」をご覧いただき、IQAI事務局(welcome@iqai.org)にお問い合わせください。

講習会

講習会の開催

2018年度の公開講座は、次のとおり予定しております。ご関心のある方々のご参加をお待ちしております。

● 食品安全対策セミナー (2018-2020年度の企画)

食品衛生法の改正、HACCP制度化、並びに、国際規格ISO22000:2018 食品安全マネジメントシステムの解説セミナーです。添付のご案内を参照ください。【→2018_HACCPセミナーのご案内
【→会場のご案内

我が国の食品衛生法等の改正から約15年が経過しました。近年の食を取り巻く環境変化や国際化等に対応しながら、食品の安全を確保するために、法改正により、広域的な食中毒事案への対策強化、事業者による衛生管理の向上、食品による健康被害等の把握や対応を的確に行うとともに、国際的に整合するような食品用器具等の衛生規則の整備、実態等に応じた営業許可・届け出制度や食品リコール情報の報告制度の創設等の措置を講ずるようになります。改正法案は参議院の審議を通過し(2018年4月)、その後、衆議院で可決・成立しました(2018年6月)。

一方、食品安全マネジメントに適用するISO22000の次の改訂版のFDIS22000: 2018 が2018年3月に発行され、この最終改訂版が2018年6月にISOとして発行されました。

食品業界は、世界的な整合化の動きを加速してきており、我が国の法改正への対応も、ISO規格改正の対応も、HACCP(食品安全を考慮したリスク対応の活動)の制度化につながっております。今回の法改正で、HACCP対応は食品業界のサプライチェーンを担うあらゆる組織に適用するため、食品業界もグローバルな方向へ大きく転換することになります。HACCP対応を図りながら運営して行くうえで、各組織で異なる不可欠となる業務の考え方について、分かり易く解説します。

 

● ISO規格関連の相談会とセミナー (2017-2018年度の企画)

ISO 9001/14001:2015が発行されて2年以上が経過しました。この間、認証を登録している組織の30%に届くほどの組織が登録を返上したとのこと。ある程度予測されていたことではありましたが、関係者を少なからず驚かせました。しかしながら、この人気の凋落は、ISO規格の改定内容にあるのではなく、一面では、システムを運用する側で持たれる様々な疑問や問題点を解消できないでもたらされた状況を反映していると言えなくもありません。当会では、2017-2018年を通して、多様なISO規格による組織のマネジメントに及ぶ疑問点にお応えする相談会を開設しております。

―「よろず相談会」でISO他の支援業務

ISO 9001/14001:2015、及び、それら規格の改訂に伴って改訂された他の規格(ISO13485:2016その他)に関連して、組織内での活動はどのように展開すべきか、内部文書の改訂はどうすべきか、規格の解釈に不安はないか、その他、組織内の推進者が抱いき易い様々な質問や組織固有の疑問点にお応えする個別の相談会です。相談会は下記の要領で実施しております。

(1) 日  程: 2017年4月~2019年3月 第2土曜日 及び 第4土曜日
(2) 時  間: 13:30 ~ 16:30 (時間は予約時にご指定ください。)
(3) 参 加 費: ¥10,000/時間(一人)、¥7,500(2人めから)
(4) 会  場: 東京都目黒区又は港区の当会の常用施設
(5) 相談内容: 事前に申込書でご相談内容をお知らせください。

来訪される組織の皆様のご相談内容は機密に保持できるよう、予約制で対応させていただいております。対応者は、相談内容に応じて当会の最適な有資格者の専門員が担当します。会場は日程により異なりますので、事前にご確認ください。

ご予約とお申し込みは、添付のご案内をご利用ください。【→2017_ISO2015よろず相談会

―ISO規格2015年対応のセミナー

改訂規格のISO9001:2015/14001:2015、並びに、それらに関係したISO31000:2009を主な柱とした解説セミナーです。内容は規格の解説にとどまらず、実際の組織内の展開事例をご紹介しながら、リスクの展開とモニタリングについて具体的に解説しているのが特徴です。このセミナーは、公開セミナーとして目黒区の当会の常用施設で実施しておりますが、ご要望に応じて、組織に出向いて実施することも可能です。

ご予約とお申し込みは、添付のご案内をご利用ください。【→2017_ISO2015よろず相談会

 

● 化学物質管理者養成セミナー (2012年より各年)

このセミナーは、主に企業内の製品含有化学物質管理者を対象としたプログラムで構成されております。 2018年度の開講スケジュールは、以下のとおりです。【→2018_化学物質セミナーのご案内

(1) 開催日時: 2018年11月24日(土)(都合により前期は休講、後期のみ開催)

10:00-18:00 (受付:9:30-10:00)

(2) 開催場所: 目黒区 碑住区センター【→碑住区センターのご案内】 (会場は開催2か月前に確定後、ご案内します)

(3) 参 加 費:

第1部¥3,000(IQAI認定「化学物質管理者」の資格保有者向け)

第2部¥12,000(「化学物質管理者」のIQAI認定資格取得希望者及び一般参加者向け)

※第1部 及び 第2部とも参加費以外にテキスト代 1,300 円(実費)がかかります。

(4) 参加人員: 第1部 及び 第2部とも 20 人

(5) 申込期限: 定員に達するまで

 受講を希望される方は、一週間前までに事務局 mailto:事務局welcome@iqai.org へお申込みください。

 

---- ----------------------------

 

2018年度における当会の常設の特別講習の開催予定は以下の通りです。

ASQ資格試験の講習会・プログラム

ASQ試験のページに移動しました。【→ASQ試験の実施

 

QA監査士特別講習会

 

世界中でISO9001の認証では飽き足らない企業が増え続け、我が国においても、認証の維持に疑問を抱きつつ解決策が見つからないという憂うべき状況にあります。そのような現状を打破し、真のQA体制(品質保証体制)の確立を切望する社会の要望に応えるため、アメリカ品質学会(ASQ)の支援機関として、独自にQA体制の監査と認証の仕組みを開発しました。その監査を実施する真正プロとしての「QA監査士」を目指す方々のために、下記の日程で「特別講習会」と「資格認定試験」を行います。

特別講習会の受講者には、ASQの支援法人として当会より4時間20分又は6時間20分の受講証明(各種の専門資格の維持・更新に必要となるCPDの証明)が発行されます。

 

QA監査士特別講習会のプログラム

(1) 開催日時: 9月と2月の第三土曜日、日曜日

・第一日 午前 9:00-午後 17:00

・第二日 午前 9:00-12:00

(2) 開催場所: 目黒区「下目黒住区センター」(東京都目黒区下目黒2-20-19)

<JR目黒駅 徒歩10分>

(会場は変更する場合がありますので、事前に事務局にお確かめください。)

(3) 参 加 費: IQAI会員      ¥20,000

IQAI入会希望者 ¥30,000 (うち¥10,000 は入会金)

IQAI非会員    ¥48,000

(参加費はいずれも受験料込み)

(4) 参加人員: 20 名

(5) 申込期限: 定員に達するまで

受講を希望される方は、「QA監査士特別講習 認定試験 申込書」にご記入の上、一週間前までに事務局 (welcome@iqai.org) へお手続きください。
ご希望の方には、事務局より「案内書」と開催場所の地図をお送りします。

● QA監査士資格認定試験

「特別講習会」のあと、引き続いて認定試験を行います。

(1) 開催日時: 9月と2月の第三日曜日 午後 13:00-17:00

(2) 開催場所: 「特別講習会」と同じ会場

(3) 受 験 料:  IQAI会員、非会員 いずれも ¥10,000

注記: 講習を受けなくても試験は受けられます。また、講習だけでも受けられます。

ここに表示した受験料は、試験だけを受けられる場合の費用です。

受講を希望される方は、「QA監査士特別講習 認定試験 申込書」にご記入の上、一週間前までに事務局 (welcome@iqai.org) へお手続きください。
ご希望の方には、事務局より「案内書」と開催場所の地図をお送りします。

 

ASQ試験

ASQ 試験の実施

アメリカ品質学会(ASQ)の活動」で紹介されています日本で実施されるアメリカ品質学会試験の2016年のスケジュールは、6月度は以下の通りです。10月度以降は、ペーパーとペンシルによる方式は、Prometricの管轄下で CBT 試験へ移行されます。これによって、日本及び各国の試験会場は Prometric の試験センター(世界中で 8,000 箇所)に変更となり、試験可能日も増える予定です。

  • CQA/CQE/CSQE/CPGP: 2016年6月4日(土)
  • CMQOE/CRE/CSSBB/CBA/CHA:2016年10月1日(土)以降の試験は、Prometric の管轄下での試験になります。
  • 6月4日の試験会場:東京都目黒区下目黒住区センター 又はその分室
  • (会場は変更する場合がありますので、事前に当会にお確かめください。)

各試験の詳細は、ASQのサイト(http://www.asq.org/certification/dates.html)をお訪ねください。

現在のASQ認定資格の保有者は、下のリストでご覧いただけます。

[→ASQ認定有資格者]

******************************************************************

 

当会では、アメリカ品質学会(ASQ)の国際公認資格試験(CQAその他)について、受験を希望される方々のために、IQAIの有資格者により、下記の受験対策プログラムをご用意しています。当会の会員・非会員を問わず、参加できます。

ASQ資格のうち、業種の専門性を問わない組織の経営全般における監査士資格であるCQAを受験される方々のために、当会では『CQA必勝合格講習』を開設しています。この講習は3つのプログラムがあり、それぞれの特徴と開催日程をご案内します。ご自分の状況に合ったプログラムを選んで、お申込みください。

受講を希望される方は、「CQA必勝合格講習会 申込書」にご記入の上、一週間前までに当会 (welcome@iqai.org) へお手続きください。

 

【有料説明会-半日】

初めてASQ資格試験に挑戦される方や、CQA試験で何を問われているのか、試験の概要を知りたい方などに向けた説明会です。コースでは、標準コース用のテキストのダイジェスト版に沿って監査概論の解説だけでなく、CQAのサンプル問題の演習も行いますので、CQA試験の凡その枠組みが把握できます。これから試験に向けてスタートを切ろうかどうか迷っておられる方は、ぜひご参加ください。

(1) 開催日時:  4月と9月の第一土曜日 13:00-17:00 (受付:12:30-)

(2) 開催場所:  目黒区「下目黒住区センター」(東京都目黒区下目黒2-20-19)

<JR 目黒駅 徒歩10分>

(会場は変更する場合がありますので、事前に事務局にお確かめください。)

(3) 参 加 費:  IQAI会員  ¥10,000

IQAI非会員 ¥15,000

(4) 参加人員:  制限なし

(5) 申込期限:  開催日の前々日まで

 

【必勝合格講習-2日コース】

CQAの受験対策講習の標準コースとして設定しているものです。この試験に受かるためには、どのような受験対策をしたらよいのか、日本国内では分かり難い点などを含め、ASQの日本代表として活躍しているIQAIの有資格者が分かり易く解説し、受験に備えていただくためのコースです。ASQのCQAについて予備知識がおありの方で、試験の設問についても凡そ理解されている方、あるいは、一度受験されて失敗されたことがある方などには最適です。

(1) 開催日時: 10月の第二土曜日、日曜日10:00-17:00 (受付:9:30-)

時間割は添付のスケジュールをご参照ください。[→スケジュールのご案内]

(2) 開催場所: 目黒区「下目黒住区センター」(東京都目黒区下目黒2-20-19)

<JR目黒駅 徒歩10分>

(会場は変更する場合がありますので、事前に事務局にお確かめください。)

(3) 参 加 費:  IQAI会員    ¥40,000

IQAI入会希望者 ¥50,000 (うち¥10,000 は入会金)

IQAI非会員   ¥58,000

(4) 参加人員:  10 名まで

(5) 申込期限:  定員に達するまで

 

【必勝合格講習-合宿3日コース】

じっくりと受講者が納得できるまで受験対策を習得できる2泊3日のコースです。講義の内容は2日コースと同じ高い質を保ちながら、2日コースよりさらに講義に時間をかけ、また、演習に多くの時間をかけますので、自分の弱点も把握できます。弱点を克服して、本番に向けて自信をつけていただくように設けられたコースです。

(1) 開催日時: 5月3日~5日 (お申込みは事務局 (welcome@iqai.org) にご確認ください。)

時間割は添付のスケジュールをご参照ください。[→スケジュールのご案内]

(2) 開催場所:  晴海グランドホテル

<都営大江戸線 勝どき駅徒歩10分、予約すれば指定場所までの送迎あり>

(会場は変更する場合がありますので、事前に事務局にお確かめください。)

(3) 参 加 費:   IQAI 会員   ¥110,000

IQAI 入会希望者 ¥120,000 (うち¥10,000 は入会金)

IQAI 非会員    ¥168,000 (2泊3日、朝・昼・夕3食付 テキスト代込み)

(4) 参加人員: 5 名まで

(5) 申込期限: 定員に達するまで

**********************************************************************************************************

必勝合格講習会受講者の声

IQAI開催の講習会のお蔭で、CQA試験に合格しました。他の参考書では得られなかったメリハリが掴めたほか、品質管理及び品質手法に関する解説で出題範囲を完全にカバーしてあったからです。さらに、合格のポイントの示唆もあって、これは効果的でした。(藤原 登)

講習の英文教材が平易でしたが秀逸で、僅か100頁なのに必要な情報がすべて詰まっていました。私はそれまで読んでいた各種参考書を掘り下げるのをやめて、教材のどこに何が書いてあるのかを記憶とタグで整理することに徹しました。また、講習で教わった「書くことで体が覚える」ということを忠実に実行しました。教材の文言を蛇が這うような解読不能な文字で必死に書き写す作業を毎日通勤バスの中で続けましたら、これは効果抜群でした。(佐藤美由紀)

**********************************************************************************************************